旅に関する有益な情報をお届け!

「まだいわし」という男について

 
  2020/03/17

これ3年前のまだいわしです笑

僕が当時19歳で初めてヒッチハイクした時の写真を、友達が加工して作ってくれました。僕が変わるきっかけになったのはこのヒッチハイクのおかげなんです。

僕が変わったきっかけを話す前に、まずは軽く僕の自己紹介をします!
あなたと共通の部分があったら、ぜひコメントしてください!語り合いましょう笑

(トップ画像出典リンク:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/09/09/43/person-1245959_1280.jpg)

まだいわしの概略プロフィール

【本名】:フクタコウキ

【HNの由来】:真鯛×イワシ→まだいわし

【年齢】:21歳(新大学4年生)

【出身】:愛知県生まれ岐阜県育ち

【性格】:かわいいとか大人っぽいとか真逆っぽいこと言われます笑

【職歴】:塾講師、家庭教師3軒(全員第1志望合格)、焼肉屋、パチンコ屋、うどん屋、商品のピッキング、箱詰め検品(全部バイトです)

【趣味】:ロードバイク、一人旅、読書、猫とたわむれる事、ヒッチハイク、ウィスキー、地酒買う、グラス集め、料理、youtube鑑賞(鴨頭義人、DaiGo、ホリエモン、東海オンエア、マイクラ日常組など)

【目標】:経済的自立をして、きままに旅人生活をすること

【音楽】: UVERworld、いきものがかり、ファンキーモンキーベイビーズ、 [Alexandros] 、凛として時雨、RADWINPS、BUMP OF CHICKEN、ボカロ

【好きなタイプの人】:男女問わずユーモアと男気があってかっこいい人、おっ〇いが大きい人、まだいわしの事が好きな人

【嫌いなタイプの人】:面白くない人、男気がない人、否定してくる人 、自分はイジらせないくせに他人のことはイジる人、媚びてくる人

【メインブログ】: 旅人まだいわしのブログ

旅行した(訪問以上)都道府県は25!

訪問(3点)以上をカウントしてるよ!

現在はヒッチハイク、一人旅、家族旅行や修学旅行などを含めて「25の都道府県」に行きました!

大学生のうちに全国制覇し、いずれは海外も旅したいと思っています!

僕がここまで旅好きになり、旅について発信するようになったのには2つの大きな出来事がきっかけです。その過程をこれからあなたに読んでいってほしいと思います。

「自分を変えたい!」とあなたが強く思うなら、きっと旅がしたくなるはずです。

大学生になってからの堕落(だらく)

https://cdn.pixabay.com/photo/2019/05/27/17/55/staircase-4233273_1280.jpg

僕はいわゆる「大学に入ったけど、特に勉強もせず、部活にはほどほどに参加し、親の気持ちも何も考えずに大学に通う」という堕落した学生でした。

高校では必死に勉強しましたが、前期日程で第一志望の大学には惜しくも届かず、仕方なく後期日程で受かった大学に行きました。

最初はこの大学でも頑張ろうと思っていたのですが、どうせ第一志望でないという気持ちがどこかにあったのか、大学の勉強には全然身が入りませんでした。

さらに僕は高校が同じで、同じ学部に入った友人の「サークルに一緒に入ろうぜ!」という言葉を信じ、多くのサークルや部活をあまり見学せずにその友達の連絡を待っていました。

しかしその友達は僕のことを忘れて、別の部活に入ってしまったのです。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/cancanIMGL1581_TP_V.jpg

結局僕は1つしか部活に所属できず(後にもう1つ入るのですが)、しかもその部活にも人間関係の問題であまり打ち込むこともできませんでした。

そして追い打ちをかけるように、高校から付き合っていた彼女と別れます。これには本気でへこみました。当時の唯一の支えだったからです。1年以上引きずったレベルです。

今思い返してみても散々な大学1年生でした。

ヒッチハイクにハマり始める

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/29/08/32/chance-2692435_1280.jpg

そんな堕落した1年生をすごし、春休みになりました。すると高校の時、僕が「親友」と呼んでいた友人から連絡がありました。

「僕と一緒にヒッチハイク行かない?」

僕は春休みも堕落する一方で、やることもなかったので、ヒッチハイクに挑戦してみました。

最初はお互い別々のところから始めました。数日後に合流した神戸で撮ってもらった写真が冒頭のアナザースカイの写真です。(加工はさらに別の人です)

この経験が僕を旅好きにしました。様々な優しい人と接し、様々な経験をし、様々な価値観に触れ、友達と二人で協力しながら、目的地の四国を目指した時のワクワクは忘れられないものになりました。

それでも堕落は止まらない

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C777_nesyougatunoomae_TP_V4.jpg

2年生の間も長期休みのたびに一人旅やヒッチハイクをしていましたが、大学生活は相変わらずの堕落っぷり。

何個も単位を落とし、これ以上落とすと留年するかもというところまで行きました。部活には徐々にいかなくなり、その分大学の友人とゲームや外食でお金を使い、常に金欠という状態でした。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/011KAZUKIHIRO171011_TP_V.jpg

ほんとにどうしようもないままでした。

そんな自分を楽観していたわけではなく、 どうしようもない生活をしているという自覚がありました

僕は何をしに大学に来ているんだ
何のために高校時代に頑張ったのか
遊びに時間やお金を使っていていいのか
親にお金を払ってもらって大学に通っている意味はあるのか

何のために生きているのか…

そう思って生活していると、友達といるときは楽しくても、一人になるとどんどん病んでいきました。次第に周りに劣等感を感じ、心に余裕がなくなり、自分が思うようなコミュニケーションが取れなっていきました。

それでも友達の前では明るく振る舞っていました。でも心がネガティブなままだったので、そのギャップでどんどん苦しくなっていきます。

友人からの他愛もないおふざけにすらイラっとしたり、明るいノリがうっとうしく感じたりしました。以前はこんなことなかったのにどうしてだ…とどうしようもないことを嘆き、人生を諦めたような気持ちになっていました。

大きな出来事①自分を変えたヒッチハイク

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kuchikomi688_TP_V.jpg

そんな思いを前向きに変えたのが、これまた親友に誘われて行ったヒッチハイクです。

このヒッチハイクを誘われた時期は「夏」だったんですが、僕は夏にヒッチハイクをするのは本当は嫌でした。

なぜなら僕はヒッチハイク中に野宿をするので、虫に刺されるのが嫌だったし、暑い中寝られるはずがないと思っていたからです。汗もたくさんかくので、しょっちゅう銭湯を探さなきゃいけない、など様々な理由をつけていくのを断ろうかとも思いました。

でも前に行った親友とのヒッチハイクが楽しかったのを思い出し、とりあえず行くことにしました。そして自分を変える「きっかけ」として、このヒッチハイクを使おうと決めました。

この親友は、話が面白くて、愛嬌があって、イケメンで俳優を目指しているというとんでもない奴なのですが、僕は負けずに自分からたくさんの人に話しかけ、いろんな話を振り、会話のきっかけをつくって話すということをしました。

その結果、今までで一番楽しいヒッチハイクにすることができたのです。

https://images.unsplash.com/photo-1511988617509-a57c8a288659?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1951&q=80

このヒッチハイク旅では島根県にある出雲大社を目指していましたが、結局たどり着くことはできませんでした。

目的地にもいけない旅だったのに、なぜ一番楽しいと感じたのか?

それは自分の好きなように話して、自分の好きなように振る舞ったほうが、ウケが良く、自分も楽しくなれるということを肌で感じることができたからです。

それからの僕はヒッチハイクを終えた後でも、自分の好きなように生きることを心掛けました。すると以前よりも自分と他人を比較することが少なくなりました。自分に自信がついて、心に余裕ができ、生きる楽しさや他人への感謝で溢れるようになりました。

親友が道中で仲良くなって、一緒に連れてきた笑

大きな出来事②ビジネスとの出会い

https://images.unsplash.com/photo-1444653614773-995cb1ef9efa?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=755&q=80

それから夏休みが終わって1か月ほどしたころ、中学の頃の友人から

「一緒に起業してビジネスをやらないか?」

と誘われます。

今思えばこの誘いは、自信を手に入れた自分を、さらに成長させるために舞い込んできたチャンスだったんだと思います。

正直、最初はかなり怪しみました。いきなり中学の頃の友人からビジネスに誘われて、怪しまない人はいないでしょう?笑

でもその友人の熱意に本物を感じた僕は、やってやろうと決心をしました。

フリーランスを目指し始める

https://images.unsplash.com/photo-1556565681-67b9cd907d20?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1950&q=80

ビジネスをするならまずは知識をつけなければならないと思いました。

だから読書に仮想通貨投資にSNSにブログにwebライティングスキルなど、いろんなことに借金してまで自己投資しました。

ここまでの行動力は、旅によって自信がつく前の僕だったら無かったはずです。

でもこの行動力のおかげで、今では日々成長を感じ、劣等感など少しも感じる暇もないほどに充実しています。

僕はあなたにもこの充実感を実感してほしい!だからぜひまずは旅をして、自信をつけてほしいのです。

自信が持てる自分になろう

ヒッチハイク帰り

自分に自信があると、やれることが増えます!

自信のない以前だったら断ったようなことも、なんとかできるんじゃ…?と思えると楽しくなります。

たまに落ち込むことももちろんありますが(なんなら、これを書いている前の日には、落ち込んでて何もできてませんでした笑)復活が早くなりました。

自分で決断し、身銭を切って自分のしたいことのために毎日を使うことができる生活なら、失敗しても後悔や劣等感は感じる必要がありませんよね?

このブログでどんなことが知れるか?

https://images.unsplash.com/photo-1484069560501-87d72b0c3669?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1950&q=80

そんな僕の最終目標は旅人になることです!

え、社長や経営者じゃないの、と思いました?それはあくまでも通過点だと僕は考えています。

ビジネスで成功を収めた後は、世界中を時間もお金も気にしないで旅しながら生きていきます!ふざけた話にきこえますか?僕は真剣ですよ。

僕が旅人になるには、まずは日本に、この世界に旅人を増やさないといけないと思っています。「自分が欲しいものはまず与えよ」という言葉を本で知ってからそう思うようになりました。

だからこのブログでは

  • 思わず旅がしたくなるような情報
  • 僕の旅で経験したことから得た教訓
  • 旅人や旅自体に関する疑問を解決したり、偏見をなくす情報

を軸に発信していきます!

このブログを読んで共感していただける方や、旅がしたくなった方がすこしでもいれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!良い旅ライフを!

※下には僕のTwitterのタイムラインを載せておきます!こちらにもたくさんのたびに関する情報をつぶやいているので、ぜひ見てフォローしてください!

Copyright© まだいわしブログ , 2020 All Rights Reserved.